厳しい暑さや寒さは妊婦にタブー

皆さん、こんにちは。 鍼灸師、妊活カウンセラーの橋本です(^o^)/

 

今日はこんな記事を見つけたのでご紹介♪

 

ashimotokouyoup1020260_tp_v

厳しい暑さや寒さは妊婦にタブー

早産のリスクが上昇

dfltweb1.onamae.com – このドメインはお名前.comで取得されています。

 

予定日より早い時期に出産となる早産といいますが、医療技術が発達していく中で早産児でも無事に育つ事例は増えてきていますが、やはり早産にはリスクがあるのも事実です。

 

・・・早産の原因は様々あります。

高血圧や子宮筋腫といった疾患をはじめ、感染症やストレス、喫煙習慣など、母体側に何らかの問題がある場合が多い中、最近は「気温」も関連しているらしいことが、米国立小児保健発達研究所らの研究グループによって発表されました。

 

妊娠中に「厳しい暑さまたは寒さ」にさらされると、早産のリスクが高まるのだという。研究の詳細は、医学誌「Environmental Health Perspectives」(電子版)に掲載されています!

 

ちなみに早産とは、妊娠6カ月に当たる22週目から臨月と呼ばれる36週目での出産にあたります。ですが、これは日本の定義であり、国によって若干異なる。例えば米国では2013年に、それまで正期産としていた37~38週目を「少し早め」と変更した。

 

今回の研究内容では、米国12州の電子診療記録から22万3375人分の妊婦のデータを抽出し、気温と出産との関連について検討し、気温の区別は、「高い」「温和」「低い」の3つに分けています。

 

その結果、「妊娠初期(1~7週目)に厳しい寒さにさらされた妊婦は、温和な気温で過ごした妊婦に比べて、妊娠34週未満での早産リスクが20%高い。妊娠34~36週の早産リスクは9%、妊娠37~38週は3%、それぞれ高い。」という驚きの内容になりました。

 

一方、妊娠1~7週目に、厳しい暑さにさらされた場合の早産リスクは、「温和な気温の場合に比べて、妊娠34週未満が11%、妊娠37~38週が4%それぞれ高い。妊娠15~21週目に暑さにさらされた場合でも、同様の早産リスクが見られる」という結果に・・・。

 

全妊娠期間で見た場合、厳しい暑さは妊娠34、36~38週での早産リスクにつながった。厳しい寒さでは、妊娠37、38週での早産リスクとなりました。

 

気温で早産のリスクが高まるので、体温調節やファッションには十分に気をつけましょう!

saya160105070i9a3021_tp_v

 

また今回の研究結果を踏まえ、同研究グループは「激しい暑さや寒さがなぜ早産と関連するのか、その理由を解明するには、さらなる研究が必要だ」とし、「温暖化により酷暑の日が増えれば、早産率が高まる可能性もあることから、何らかの対策が必要だ」とアピールされています。

 

気候の変化は避けることの出来ない場合は多いので、妊娠中の無理は禁物ですよ(^^♪

 

ぜひ一度ご相談ください。

 

***********************
萬育堂薬房 店長
鍼灸師・子宝カウンセラー
橋本みさき
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105号
TEL:06-6311-5181
Mail:info@banikudo.com
PCサイト:http://www.banikudo.com/
子宝サイト:http://kodakara.banikudo.com/
LINE : @banikudo
FBページ : https://www.facebook.com/banikudo
TwitterID : banikudo
***********************

2021年6月28日に兵庫県神戸市中央区へ移転オープンいたしました。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

ばんいく堂鍼灸院/サプリメントサポートセンター旧居留地店」
TEL・FAX: 078-392-8303

〒650-0021 神戸市中央区三宮町2-2-2 三宮鈴木ビル3F
営業時間10:00~19:00 定休日: 水曜日

ライン公式アカウント @banikudo

FBページ : https://www.facebook.com/banikudo
TwitterID : banikudo

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました