冷え症を改善する温灸

皆様、こんにちは。

 

ひよこ店長こと、島原です。

 

最近、肌寒い日が続いていますが、身体が冷えてきていないでしょうか。

今年の冬はかなり寒いという事で特に冷え対策が大切になります。

今日は冷え対策として温灸のご紹介をしていきたいと思います。

 

冷えると何故良くないのか?

まずは冷えが何故良くないのかをまとめていきたいと思います。

「風邪は万病の元」といいます。

この風邪とはいわゆる「カゼ」ではなく「ふうじゃ」と呼びます。

 

風にあたり身体が冷えるとあらゆる病気の元になるということを言った言葉です。

 

このように冷えがあると病気になりやすいことは、大昔から言われていました。

 

身体が冷えると免疫力が下がる

さて、冷えが万病の元というのはなぜかというと、まず考えられるのが免疫力の低下です。

体温が一度下がると免疫力が30%ダウンすると言われます。

免疫は身体の外から入ってくる細菌やウィルスをやっつける働きとともに、体の中で出来た老廃物を除去する働きがあります。

 

簡単に免疫力が下がるとどうなるかというと、私はいつもたとえで川を考えて下さいといいます。

川で、浄化する能力が高いところであれば清流のようにキレイに流れていきます。

しかし川の中にゴミが増えてきたうえに浄化する力が弱くなれば、川はどんどん濁っていき腐敗し、悪臭を放っていきます。

どちらが健康的に見えるでしょうか。

 

もちろん清流のようにキレイな流れが出来たほうが良いですよね。

ここでいう川とは体の中の血管であり、リンパであり、組織液、細胞質のことです。

浄化する力が免疫力です。

 

免疫を働かせる為に必要な体温

では、免疫力を高めるにはどうすればいいのかというと、今回のテーマでもある身体を温めるということです。

カゼをひくと、体温が高くなりますよね。

これは体温を上げる事で免疫の働きやすい環境を作り、外から入ってきた細菌やウィルスを早急に撃退するという意味があります。

 

しかし、最近では平熱が35度台という方も多くおられます。

理想の平熱は36.5度と言われます。

これから体温が下がっていくとその分だけ、免疫の働きが悪くなっていくのです。

 

免疫には酵素も関係している

免疫には実は酵素も関係しています。

例えば有名な物としては、鼻水に含まれるリゾチームです。

これはタンパク質分解酵素で外から来る細菌などを溶かす働きがあります。

 

また酵素は細胞の中でも働き、古くなったタンパク質や器官、酵素などを分解し再利用する働きがあります。

この酵素も体温がとても大事で、体温が下がることで働きがガクッと下がってしまいます。

 

冷えると活性酸素が増えやすい

以前も触れた活性酸素ですが、冷えると活性酸素が増えやすくなります。

これはも活性酸素を出す物の大きな物がミトコンドリアがあります。

ミトコンドリアは体の中でエネルギーを作り出し、様々な生命反応を支えるのに大切な働きがあります。このエネルギーを作る時に副産物として活性酸素が出てきてしますのです。

ですが、活性酸素はSODという酵素の働きで無毒化されるような対策が体の中では用意されています。

 

問題は冷えがあると、酵素の働きが悪くなるのでSODの働きも下がる傾向にあります。

また細胞内にあるミトコンドリアも古くなるとエネルギーは作る力が下がり、逆に活性酸素が出来やすくなるといわれています。

 

冷えは不妊にも影響する

冷えは免疫力が下がり、感染症や老廃物が溜まるだけでなく、それから不妊になりやすい体になると言われています。

 

身体が冷えるとまず生命維持をするために体は最も大切な心臓や脳へ血流を集中させるように働きます。

そうすると末梢の血液循環が悪くなっていきます。

子宮や卵巣も自分の生命を保つ上では順位は低いので、体が冷えることで循環が悪くなります。

 

これにより血流に運ばれて働くホルモンの働きが悪くなり、卵子や子宮内膜のに悪影響を与えることになります。

 

生理の時に塊が出る方は要注意

生理の時に一緒に塊が出ている人は身体が冷えている証拠ともいえます。

 

これは普通内膜は膜ですので塊として子宮の中に存在します。

しかしなぜ血液と一緒に液状になって出てくるのでしょうか。

この答えは酵素にあります。

 

酵素の働きで、内膜は分解され、液状になって出てきます。

前にもふれましたが、酵素は温度によってその働きが大きく変わります。

体温が下がると酵素の働きが悪くなり内膜が分解されないままになると塊として出てきてしまうのです。

 

冷え対策として有効な温灸

冷え性対策として有効な手段として温灸をおススメしています。

温灸の良いところはお灸のように強い熱さはなく気持ちいと感じる程度の温度になるというところです。

 

熱いのが苦手な方でも安心してできるのが人気です。

 

また温灸は熱が出る口が幅が広いため、ツボが分からない方でも大体の場所におけばいいので鍼灸師でなくても使いやすくなっています。

 

温灸の遠赤外線の力

温灸ののいいところは遠赤外線が出ているというところです。

遠赤外線の働きは、リラックス効果と、身体からの放熱を抑えるということです。

 

リラックス効果で気持ちが落ち着き、放熱を抑える効果で熱がしっかりと中まで浸透していきます。

この効果で温灸が終わった後も体がリラックスして、ポカポカした感じがしばらく続いていきます。

 

ホッカイロや湯たんぽなどで温めた時とは違う温かさが残るのが特徴です。

 

温めると良いツボ

冷え症でも体質によって体を温める場所は変わってきますが、代表的なツボをご紹介していきたいと思います。

 

三陰交

場所・・・足の内くるぶしから指4本分上がったところ。

効能:胃腸の機能を高めて水の代謝を上げ余分な水を出す。

三陰交は女三里とも言われ女性にはとてもよいと言われるツボです。

子宝の方は高温期には入ると子宮を動かす働きがあるのであまり触らない方がよいです。

しかし妊娠して安定期に入ると三陰交を温めると安産になると言われるので、切迫流産などの危険がない場合は温めると良いと思います。

 

大椎

場所・・・頸椎で首を前に倒したときに一番出るところ

効能:感染症を抑える。

大椎は陽経が集まるところで、ここを温めるだけで全身が温まると言われる場所。

マフラーでも首に巻くだけで温かさが全然違うのと同じで、首元の温度が変わると体がその温度に調節してく働きがある。

また風門などのような風邪が入ってくる場所も近く、定喘と言われる咳止めのツボがあり、風のひき初めに大椎を温めるとカゼの症状が治まります。

 

命門

場所:腰椎でお臍の裏の高さ。

効能:陽の気を補い、腎の機能を高める。

命門は腎と関係があるというツボで、子宝ではよく使われるツボ。

命門の意味は、基本的な生命力や生殖機能という意味の言葉で、その名前の付いたツボなので、多くの人にお勧めのツボ。

腎の中には腎臓の働きだけでなく生殖器やなどの働きも含まれるので、子宝を望むご夫婦におすすめ。

 

冷えの改善は健康への第一歩

健康を考えて様々なサプリメントや薬がありますが、何をしても体がちゃんと反応してくれなければ意味がありません。

多くの病気や体の不調は冷えがあることで悪化しているケースや、冷えそのものが原因ということがあります。

冷えを改善していくことは健康への第一歩です。

 

根本的に体をよくしていくために体を温めていくことをしていきましょう。

 

今年の冬はとても寒くなるという予報です。冷え対策に温灸を活用してみてはいかがでしょうか。

 

萬育堂薬房店長

薬剤師

鍼灸師

島原順一

 

 

萬育堂薬房

〒530-0046

大阪市北区菅原町10-11 ジーニス大阪105

電話:06-6311-5181

メール:info@banikudo.com

お問い合わせはお電話かメールにてお待ちしております。

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました