ショウキストーンカッサが勾玉の理由 南森町の萬育堂薬房

皆様、こんにちは。

 

ひよこ店長こと、島原です。

 

メノウでできたカッサのショウキストーンですが、勾玉の形をしています。

 

勾玉というのは胎児の形をしていると言われ、生命力を表すと言われます。

また安産のお守りとしてしてや、女性が持つと美しさを増す、男性が持つと商談などに力を発揮できると言われています。

 

また陰と陽を具現化したものと言われ、太極図にもあるように勾玉は陰と陽に分けることができます。

 

具体的には凹の方が陰、でこの方が陽です。

 

カッサ

 

 

また人にも陰と陽があります。

ひとは簡単に分けると、四つんばいになった時に太陽に光が当たるところが陽、当たらないところが陰です。

 

四つん這い

 

東洋医学の陰陽論では陰と陽のバランスを整えてあげることが大切になります。

 

そのためカッサが勾玉形をしており、陰と陽に分けることができることで身体の陰陽のバランスを整えることができます。

 

東洋医学にのっとったやり方ができるので、知りたい方は毎月カッサセミナーを行っておりますのでお問い合わせください。

 

萬育堂薬房店長

薬剤師

鍼灸師

島原順一

 

萬育堂薬房

〒530-0046

大阪市北区菅原町10-11 ジーニス大阪105(最寄駅 谷町線南森町 JR大阪天満宮 京阪北浜)

お電話:06-6311-5181

メール:info@banikudo.com

お電話かメールでのお問い合わせをお待ちしております。

 

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました